まちなみづくり

ねりまの景観に関する情報をお寄せください!

【報告】「はるさん花壇」にネームプレートがつきました(春日町、話し花咲くまちなみづくり協定)

毎月第3火曜日は、みなさんが共通で維持管理をしているコミュニティ花壇「はるさん花壇」の定例作業日です。
協定に参加されている方だけでなく、お花が好きな方が地域内外から参加してくださっています。

「はるさん花壇」は、平成26年度に、不法投棄のあった植え込みを皆さんで花壇につくり変えてから3年。
最初に花木の植え付けをして以降も、お花が好きな方が提供してくださった花苗を植えたり、
さし芽をして花株を増やしたりしながら、みなさんでお庭を育んできました。
1年目に比べると、その充実ぶりから、皆さんで花壇を育んできたことがよくわかります。

160400_kasugacho_kadan+.jpg
「はるさん花壇」昨年の春

170418_kasugacho_kadan.jpg
今年の春


4月の定例作業日は、元気よく茂ってきた雑草をひきぬいたり、
花木の名前をかいたネームプレートをつくって設置する作業を行いました。

170418_kasugacho_kadan2+.jpg
みんなでどんどん、雑草をひきぬいていきます。

170418_kasugacho_kadan3.jpg
手作りのネームプレート。
名前がわかると、愛着がわいてきます。

花壇の作業は1時間程度でしたが、きれいになっていく花壇の様子をみながらの作業はあっという間。
道行く地域の方から「いつもきれいにしてくれてありがとう!」と言葉のプレゼントがあったり、
作業風景をみて外に出てきてくださった方も。

新しくできた「ネームプレート」をきっかけに、
これからも花をきっかけとしたコミュニケーションや楽しい活動が広がっていくといいですね。

170418_kasugacho_kadan4.jpg

季節の移ろいとともに変化する花壇の景色は、
地域の皆さんに親しまれています。

タイトルの色は、練馬区のよりどりみどり「NERIMA GREEN(ねりまグリーン)」を使用しています。