みんなで選ぶ 景観ストーリー大賞

歴史や地形を感じる、水の景観

白子川の支川からつくられた、道の景観

したみち通りと水路敷(西大泉一、二丁目)

2

「とっておきの風景」への推薦コメント

したみち通りとそれに並走する水路敷は、登下校の学生たちや住民の格好の散歩道です。

ここが景観のポイント!!

したみち通りでは「丸山東橋」「小泉橋」という交差点を目にします。これは、したみち通りの南にあった白子川の支川「大泉堀」に由来しています。西東京市から練馬区に入り、大泉堀を通って、白子川の宮の橋付近に合流していました。大泉堀は、現在は暗渠になっていて、生活用の通路として利用されています。

そのほかの「歴史や地形を感じる、水の景観」の紹介 (画像をクリックすると紹介ページへ移動します)

1大泉橋戸公園の田んぼ

白子川がつなぐ、小学生と地域住民がいっしょに語り継ぐ橋戸田んぼの歴史と風景

3大泉井頭公園

ここが白子川の始まり。地域住民が守り愛する、暮らしに欠かせない「水辺」のある公園

4農地(生産緑地)沿いに続く千川上水

千川上水の水辺、農地、屋敷林、道路と小鳥や魚が織りなす練馬の風景

5三宝寺池の厳島神社

江戸時代にも描かれた武蔵野を代表する三宝寺の水辺

6石神井川遊歩道から見上げる黄色い電車

見上げれば電車、見下ろせば川。時や季節でさまざまな表情を見せる景観

7千川通り

千川上水の面影をたどる、さくら並木の散歩道

8堰婆さんのクロマツ

糀谷橋のたもとにある、伝説が語り継がれるクロマツ

9グリーンベルト散策(田柄川緑道)

緑豊かなこの道は、かつて川が流れていた歴史を、今に伝える道

⇐SNSでシェアしてね!