みんなで選ぶ 景観ストーリー大賞

歴史や地形を感じる、水の景観

千川上水の面影をたどる、さくら並木の散歩道

千川通り(中村北四丁目~旭丘一丁目)

7

「とっておきの風景」への推薦コメント

さくら並木の続く千川通りは、江戸時代の幹線道路である清戸道をほぼ継承しており、その遺構も見られます。広い歩道空間があり、さくらの咲く頃はもちろん、通年のお散歩コースとしてもおすすめです。

ここが景観のポイント!!

昭和40 年代の暗渠化まで、千川上水は千川通りの脇を流れていました。豊玉北五丁目には、当時、筋違橋があった場所に石碑と千川の流れを模した歩道がつくられています。中村北三丁目には、農業用水との分水嶺もあったそうです。不動明王を祀った小さなお堂が今もまちを見守っています。

そのほかの「歴史や地形を感じる、水の景観」の紹介 (画像をクリックすると紹介ページへ移動します)

1大泉橋戸公園の田んぼ

白子川がつなぐ、小学生と地域住民がいっしょに語り継ぐ橋戸田んぼの歴史と風景

2したみち通りと水路敷

白子川の支川からつくられた、道の景観

3大泉井頭公園

ここが白子川の始まり。地域住民が守り愛する、暮らしに欠かせない「水辺」のある公園

4農地(生産緑地)沿いに続く千川上水

千川上水の水辺、農地、屋敷林、道路と小鳥や魚が織りなす練馬の風景

5三宝寺池の厳島神社

江戸時代にも描かれた武蔵野を代表する三宝寺の水辺

6石神井川遊歩道から見上げる黄色い電車

見上げれば電車、見下ろせば川。時や季節でさまざまな表情を見せる景観

8堰婆さんのクロマツ

糀谷橋のたもとにある、伝説が語り継がれるクロマツ

9グリーンベルト散策(田柄川緑道)

緑豊かなこの道は、かつて川が流れていた歴史を、今に伝える道

⇐SNSでシェアしてね!