練馬景観まちづくり

ねりまの景観に関する情報をお寄せください!

とっておきの風景をおしえてください

ご近所からできるまちなみづくりはじめませんか?

景観まちづくり講座 まち歩き・マップ

ありがとう、としまえん!としまえん景観の歩み

令和2年8月31日をもって閉園する「としまえん」。
今回は、練馬区内外の方から広く親しまれてきた「としまえん」の歴史や記憶を、
登録されている景観資源とともにご紹介します。


地形に守られた練馬城
「としまえん」が位置する場所は、石神井川が東西に流れ、北側は平坦な低い地形、
南側は起伏のある地形になっています。
石神井川の南側は、川の侵食により、石神井川に向かって切り立った崖や、
入り組んだ谷の地形になっています。
これらは河岸段丘や谷戸地形と呼ばれる特徴のある地形です。


川に向かって特に突き出た場所(図中★マーク)はかつて「矢の山」と呼ばれ、
江戸時代以前には豊島氏が築いた「練馬城」がありました。
現としまえんのウォータースライダー「ハイドロポリス」付近が練馬城跡地です。

地形図からは、北側の急斜面が自然の防塁となっていたことが分かります。
石神井川の北側の平坦な土地は、かつて低湿地だった場所で、としまえん開園当初は
川が氾濫して遊具が浸水したこともあったそうです。
戦後、盛り土が施されました。


アセット 4.png アセット 5.png

▲ねりまっぷから作成。としまえん外周の道路を赤枠で表示しています。



としまえんのはじまり
大正15年(1926)に財界人・藤田好三郎氏が所有していた土地を、
運動と園芸を広く奨励するために公開したのが「としまえん」の始まりです。
当初は庭園やボート池、運動場や小さな動物園のある、公園のようなつくりでした。
小型の遊戯物が登場したのは戦後のことです。



豊島駅の開設
豊島駅(現在の豊島園駅)が開設されたのは昭和2年(1927)。
アクセスの良くなった豊島園は、都心に近い身近な行楽地として親しまれるようになりました。
現在整備されている西武線の豊島園駅前広場は、みどりと一体になったゆったりした作りで、
訪れる人々のにぎわいを生んでいます。

S090-1.jpg
S090 豊島園駅前広場 https://search.nerima-keikan.jp/detail/S090

歴史ある遊具
今では子供たちに大人気の流れるプールは、昭和40年(1965)、
としまえんが世界で初めて導入しました。
開発には並々ならぬ苦労があったようです。

としまえんのシンボルでもある、カルーセルエルドラド。
明治40年(1907)にドイツで制作された総手彫りの回転木馬で、
昭和44年(1969)、アメリカから解体された状態で日本に到着しました。
専門家による修復ののち、昭和46年(1971)に導入されました。
平成22年(2010)には、機械仕掛けの芸術的な乗り物として、「機械遺産」に認定されています。

A147-1.jpg
A147 練馬が誇る機械遺産・としまえん「カルーセルエルドラド」https://search.nerima-keikan.jp/detail/A147



練馬区名物の成人式
成人式がとしまえんで初開催されたのは昭和53年(1978)のこと。
以来、新成人が晴れ着姿で乗り物に乗る姿が、練馬区の風物詩として親しまれてきました。

L007-1.jpg
L007 成人式(豊島園駅前) https://search.nerima-keikan.jp/detail/L007



初夏を彩るあじさい園
園内の北側エリアに作られたあじさい園では、5月下旬~6月下旬にかけて、
約150種、10,000株のあじさいが咲き乱れ、珍しい山あじさいなどを見ることができました。
地域景観資源には、2つのあじさいの景観が登録されています。

L036-1.jpg L199 -2.jpg
L036 としまえんのアジサイと模型列車 https://search.nerima-keikan.jp/detail/L036
L199 としまえんのアジサイトンネル https://search.nerima-keikan.jp/detail/L199


としまえんのこれから
「としまえん」のある地域は、昭和32年に都市計画「練馬城址公園」として
都市計画決定されました。
平成23年には防災機能を強化するため、東京都が公園区域の一部を
優先整備区域に指定しています。
今後は段階的な公園整備と未開園部分に民間事業者のスタジオツアー施設が計画されています。
大きく生まれ変わるとしまえんを見守っていきたいですね。

現在、練馬区のHPで、としまえんの映像が公開されています。
来園できない方も、動画でとしまえんの雰囲気を楽しんではいかがでしょうか。
 → 練馬区HP「としまえん特集(ありがとうとしまえん)」



<参考資料>
くるりとねりま(練馬区独立70周年記念誌)
ねりま区報令和2年8/1号「ありがとうとしまえん特集号」
こもれび51号「東京のミニチュアなまち向山」
(発行:公益財団法人練馬区環境まちづくり公社みどりのまちづくりセンター)

タイトルの色は、練馬区のよりどりみどり「NERIMA GREEN(ねりまグリーン)」を使用しています。